★★  ビ ッ ク バ ン  ★★


1965年ベル研究所の科学者アルノ ペンジアスとボブ ウィルソンが宇宙背景放射を発見しました。宇宙の始まりの電磁的な残響です。
今では、ビックバンという単語は、ポップカルチャーとして知られていますが、ビックバンが宇宙学として意味することについては、ほとんど理解されていません。

このページでは、1965年の電波天文学の測定に関する歴史とビックバンが何を意味しているのかについての情報とリンクを紹介します。
http://www.light2015.org/Home/CosmicLight/The-Big-Bang.html




宇宙マイクロ波背景放射(CMB)は、宇宙の始まりの光が宇宙の中を自由に運動できる事が可能になったことが冷えた名残りです。
この放射「化石」は、全ての望遠鏡が見ることができる最遠で、ビックバンの直後に放射されたものです。
科学者達はCMBをビックバンの反響または「衝撃波」と考えています。
時間の経過により、この太古の光は冷えてかすかになりました。
今では、マイクロ波の領域で検出されます。

CMB放射は、1965年 アメリカの電波天文学者、ペンジアスとウィルソンが空の何処のものとも特定できない発生源からの信号を偶然、電波望遠鏡で記録したことから発見されました。
信号は、明らかに、全ての方向から同じ強さで来ていて、昼でも夜でも、夏でも、冬でも変わりません。
彼らは、信号が私たちの天の川銀河の外から来ていて宇宙の始まりから来ているという結論に達しました。

次のウェブサイトでは、CMBについての、更なる知見と、関連するNASAの探査計画を紹介します。
http://planck.caltech.edu/epo/epo.html



ESA(欧州宇宙機構)は2009年5月14日、遠赤外線の幅広い波長で、CMBを測定するため、プランク計画の探査機を打ち上げました。
CMBと探査計画について理解していただくための、一般を対象にした資料、教育情報、高等教育をご覧ください。

◆ 欧州宇宙機構(ESA)によるプランク宇宙天文台の最新情報は、こちら。
  http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Planck

◆ 宇宙学の基礎的な測定を行うため2001年6月に、打ち上げられたウィルキンソン マイクロ波異方性検出探査機について、学ぶなら、こちら。
 http://map.gsfc.nasa.gov/

日本天文愛好者連絡会(JAAA)