★★  美しい夜空への想い  ★★


世界のほとんどの大都市からは、光害のため夜空を見上げて美しさに感動することが出来なくなってしまいました。 不適切な公共照明は、エネルギーを浪費するだけでなく、「光害」を起こして、星空を見えなくしてしまいます。このページでは、光害が地域の環境に与える有害な影響についての情報とリンクを準備しました。





光害とは何か?

街灯、ネオン、広告灯などの過剰な人工的な戸外の灯が招く環境悪化を光害と呼びます。
光害は、自然環境とエコシステムに悪い影響をもたらします。
適正でない設計の人工光源から無駄な光が直接または反射して空に向かうと、雲、霧または、大気中に浮遊している塵などで散乱してしまいます。
このため、夜空は明るくなり、星からの光の背景に対するコントラストが下がって、星が見え難くなります。

光害と暗い夜空についての、更なる情報源を以下に紹介します。

国際ダークスカイ協会は、光害に関してのオーソリティーとして知られていて、「必要な時だけ灯をつけること」を推奨しています。

協会では光害に関する様々な情報の提供と、無駄の無い照明の案内を行なっています。



LINKS

美しい夜空への想いは、世界天文年の基本プロジェクトの一つとして生まれました。 光害に関しての、全体像、背景と私たちの世界にどのように影響するのか?について判りやすく説明しています。
http://www.darkskiesawareness.org/faqs.php

宇宙から光についての更なる情報を準備中です。
http://www.iau.org/iyl/



文献:http://www.light2015.org/Home/CosmicLight/Dark-Skies-Awareness.html


日本天文愛好者連絡会(JAAA)